賑わい創研さまの会員向けセミナー「NIGIWAI LABO」は、今回も富士ソフト秋葉原ビルでの有人開催。2020年11月10日に行われた第16回のゲストは、株式会社ライゾマティクス代表取締役の齋藤精一さん。今後における「都市空間のメディア化」についてお話くださいました。

齋藤精一さんといえば、、、
テレビCMや各種広告のほか、オリンピックや万博などの国際級イベントでも大活躍の乗りに乗っているクリエイター。エリア開発にも数多く関わっていて、「え、あそこも?」ということがたくさんあるんです!
そんな齋藤さんは「実行の人」。これまで作り上げてきたさまざまな事例とそれにまつわるエピソードを伺うと、説得力しかありません。
淡々と語っていらっしゃるのですが、お話の内容にはパワーがみなぎっていました。
大きな仕事をたくさんされている齋藤さんですが、腰の低いところもまた素敵でした!

次回は年内最後のNIGIWAI LABO。株式会社バイカーズパラダイス代表取締役社長の加藤稔さんがご登壇くださいます。2009年にドゥカティジャパンで日本人初の社長に就任、同社をV字回復に導いた立役者。その加藤さんが新たに挑戦する、バイクによる官民連携プロジェクトについて語ります。
※ZOOM同時配信あり

株式会社賑わい創研 https://www.nigiwai.co.jp